灰の墓所からこんるるー!鈴原るるの【ダークソウルⅢ】鈴原!人間性を捧げるるッッ!![2020/03/29]

灰の墓所からこんるるー!鈴原るるの【ダークソウルⅢ】鈴原!人間性を捧げるるッッ!![2020/03/29]

【ダークソウルⅢ】鈴原!人間性を捧げるるッッ!!【鈴原るる/にじさんじ】

【ダークソウルⅢ】鈴原!人間性を捧げるるッッ!!

鈴原るるさんが『ダークソウルⅢ』に初挑戦!

【配信時間 3:27:12】 2020年3月29日、『鈴原るる』さんの配信タイトルは、初挑戦となる「ダークソウルⅢ」#1。2016年にフロムソフトウェアより発売されたソウルシリーズの3作目。これまで、ダークソウル、ダークソウルⅡ、デモンズソウルと全てのソウルシリーズをプレイしてきた鈴原さん、再び不死となり、舞台となるロスリックへと歩を進めます。最終章となる本作についに挑むことにした鈴原さん、その行く手に待ち受けるものとは!?

3D鈴原さんの演武からのポニテ鈴原さん登場です。

鈴原「こんるる~!皆さん、こんるるー!」

ダークソウル3の美麗なオープニングムービーを見ている鈴原さん。口をあけっぱなしでずっとニコニコしています。嬉しそうですね。

鈴原「ついにきた!胸が熱くなる」

キャラメイクでは、あまり弄らず、瞳の色と髪の色、そしてポニテにチークを入れた程度で作成。今回も上質な脳筋を目指す鈴原さん、筋力の高い戦士を選択。名前は「LuLu」。目覚めの時です。

鈴原「これで挑みたいと思います!」
「今日は…オシャレな飲み物飲んでる」

灰の墓所

灰の墓所からゆっくりと起き上がるもう一人の鈴原さん。火の無い灰と呼ばれる不死。

鈴原「わぁ…」

今までの作品との操作感の差異を確かめながら進んで行きます。

ダクソ3は、過去作に比べて全体的にスピード感が増しています。敵の動きも複雑になっており、パリィの若干難しくなっているようです。 ↓動画

鈴原「灰の…灰のなんとか(墓所)」

チュートリアル的な雑魚敵との戦闘を重ねつつ、先へ進んでいくと開けた場所と中央に騎士の石像のようなものがあります。

騎士の石像に刺さった件を引き抜くと、石像だと思っていたものが動き出し、戦闘突入です。

鈴原「いやあ、カッコイイのがいるよ!」

灰の審判者グンダ との戦闘開始。久方ぶりのソウルシリーズのボス戦に滾っている感じの鈴原さん。

鈴原「負けない!」

グンダの体力5割程度まで減らすと第2形態へ変化。

中から巨大な黒い蛇のような蠢くものが現れます。通常の攻撃に更にこの異形の攻撃も加わるため、短期決戦が吉か?

鈴原「カラス!?ちとわかんない!」

驚きながらも相手の動きを見極めようとする鈴原さんでしたが、エスト切れであえなく敗北。しかし、敗れながらも闘志が漲ってきているようで、発言にもワクワク具合が現れています。

「いいねぇ!ダークソウルしてるよ今!」「今、最高にダークソウルしてる!」

やっぱり鈴原さんといえばこれですね。即、リベンジマッチです。

鈴原るる vs 灰の審判者グンダ

鈴原「2発が良いと思うんだよね」

大振りな攻撃の後に2発ずつダメージを与えていき、第2形態への変身時にも攻撃を加え、鈴原さんの勝利です。

鈴原「やったぞ!」

グンダを倒すと、螺旋の剣を入手、篝火「灰の審判者グンダ」がアクティブに。篝火間の転送も可能になりました。今後、便利になりそうですね。

火継ぎの祭祀場

道中の敵を処理しつつ、火継ぎの祭祀場へたどり着いた鈴原さん。リスポーン地点になる篝火や、鍛冶屋や商人、かぼたん(火防女)などのNPCがおり、拠点となる場所のようです。複数の玉座が並んでいます。↓動画

鈴原「なにここ?かっこいいじゃん」
鈴原「あの椅子に私座りたい」

かぼたんに会えて嬉しそうな鈴原さん。

鈴原「かぼたん♪」
「相変わらずお美しゅうございます」

鍛冶屋のアンドレイさん。シリーズをプレイしてきた不死の方々は嬉しいんじゃないでしょうか。今回は、エスト瓶の振り分け(体力回復とFP回復の所持数振りわけ)をしてくれます。

鈴原「1の人か!何か見覚えあると思ったんだよね」

祭祀場を一通りまわって篝火転送でロスリックの高壁へ。いよいよ本格的に攻略開始です。

ロスリックの高壁

開始早々、飛竜を発見。

鈴原「ロスリックの高い壁…こうへき?」
「竜だぁ!竜には毎回苦戦させられているのです。」

この辺りでチャンネル登録者、28万人達成です。祝福のコメントが多数見かけられました。そして、それから数分後、鈴原さんと言えば…これ!↓動画

鈴原「28人…じゃない!28万人…ありがとうございます」
「え!うそ!そんなぁ!そんな死に方…やだぁ」

ロスリックの高壁は、出現する敵も多種多様、犬や兵士、騎士、亡者、さらには雑魚に紛れて中ボスのような敵も登場します。序盤から歯ごたえのあるステージですが、鈴原さんらしくこの場所にも少しずつ適応していきます。

飛竜のブレスの範囲を見極める鈴原さん。ついでに雑魚も一層してもらいます。

鈴原「どこまで行くと反応するんだろ」

広大なロスリックの高壁、どこから探索していけばいいのか、悩みながらも進む鈴原さん。

屋根の上に人らしきものがいるため、近寄っていく鈴原さん。すると、雑魚敵の身体から…↓動画

鈴原「え?ちと待ってね!ちょっと考える、何があった?」
「やるかぁ…わわわわー!」

「わわわわー」がカワイイ。それにしても序盤ながらタフなエリアです。

篝火「高壁の塔」を発見!ほっと一息つき、鈴原さんもドリンクチャージ。

鈴原「助かる篝火」

先ほど敗れた敵、グンダの身体から出てきたものと同様の「人の膿」にリベンジ…のはずでしたが、変形する前にはただの雑魚でした。少しだけ寂しがる鈴原さんでした。

鈴原「倒しちゃったぁ、変形する前に倒しちゃえばいいんだ」
「ちょっと寂しいね…それはそれで」

歯ごたえのある敵、ロスリック騎士(槍)との戦いで、デモンズソウルで戦った赤目先生を思い出す鈴原さん。

鈴原「この子の動き、あの赤目先生に似てるぞぉ」

牢に入った不死街のグレイラットから指輪を不死街に住むある人に渡してほしいとお願いされる鈴原さん。

鈴原「牢番じゃないよ」
「イイ指輪貰っちゃった!貰ったわけじゃないけど」

強敵、羽の騎士との戦闘。コメント欄にあった「ベイブレ〇ド」で笑ってしまいました。確かに回転斬りしますけどね(笑)

ただ、面倒くささは、笑い事じゃない相手。回転斬り以外にも奇蹟「天使の光柱」を使用してきます。初見の攻撃に驚きながらもワクワクを滲ませる鈴原さん。

鈴原「わぁ!なにそれー!」

ボスではないのでスルーしても良いはずですが、挑んでいく鈴原さん。幾度かの敗北を重ねるもついに勝利の時。

鈴原「なんとか倒したぁ」
「強い!強かったぞ」

ショートカット発見!さらに、怪しい壁も発見…?

鈴原「怪しい…」

雑魚の飛び掛かり斬りがゴースの遺児のようなだと感じる鈴原さん。9時間の死闘を繰り広げた相手ですので、鈴原さんの記憶にも強烈に残っているのでしょうか。そして、死体を乗せたエレベーターが降りていく…

鈴原「その動きゴースみたい」

いかにもボスらしき大広間ですが、エストは無し。それでも鈴原さんの好奇心は止まらない…。座っている何者かへゆっくりと歩み寄っていきます。

鈴原「タゲが取れなきゃ敵じゃない…」

相手は、祭儀長エンマでした。ロスリックの小環旗、誓約青教を入手します。

最後に祭祀場でかぼたんにレベルアップで本日は終了となりました。

鈴原「我慢をすることを学ぶ鈴原」
「次の楽しみに、ゆっくり大切に遊ぼう」

久方ぶりのフロムゲーを嬉しそうにプレイしていた鈴原さん。

死んで覚えて強くなっていく鈴原さんを見ているのは本当に楽しいですね。

これから現れる強敵たちと鈴原さんがどんな戦いを繰り広げるのか楽しみでしょうがない!

ソウルシリーズ最後の作品、ダークソウル3を思う存分、楽しんでほしいと思います。それでは、おつるるでした!

OPとEDは、やはりヤーナムに帰るのですね(笑)

鈴原さんの配信を見たリスナーの反応

  • “Let Lulu grant death… to the old gods of Lordran, deliverers of the First Flame.” i really love how she willing to read item’s descriptions and talk to any NPC until they ran out of dialogues in attempt to understand what’s going on in this game (which is quite rare even among Souls player). plus she willing to check every corner of the area and sometimes striking walls for possible secrets. truly a Souls player indeed, she is. (日本語訳:”ルルに死を与えよう…ロードランの古い神々、最初の炎の配達者たちに”彼女はアイテムの説明を読んだり、どんなNPCとも会話が尽きるまで話しかけたりして、このゲームで何が起こっているのかを理解しようとしているのが本当に好きです(Soulsプレイヤーの中でも珍しい)
  • シリーズの最後に相応しい最高のゲーム。初代からやってる人からすると随所に胸熱ポイントがあって楽しめるから思う存分満喫してほしい
  • やはりフロムゲーの垂直落下は見てて気持ちが良いものです
  • 8:03 その顔が見たかった…強敵を見て興奮する顔が!
  • フロムは序盤エリアに初期装備では戦うだけコスパ悪い危険な敵を置くっていうのを普通にやるから駆け抜け安定地帯も多数あるけど、るるちゃんは果敢に戦う。身体が闘争を求めてる。
  • やっぱダクソ3面白いよね!止められないけど、我慢して止めてるの可愛かった。 しかしフロムゲーも馴れたものでパリィもバクスタも大分うまい! 今後も楽しみにしてます!
  • お疲れ様です! ダークソウルⅢ! ソウルシリーズの最後を飾るのに相応しい神ゲーですね! 一度しかできない初見プレイを楽しんで下さい! 応援してます! 貴公に炎の導きがあらんことを

ゲーム実況カテゴリの最新記事